パーソナリティ障害

脳内の活動を回復することで、併発したうつ病の改善や症状を軽減する可能性があります。

パーソナリティ障害とは

img2パーソナリティ障害とは、周囲の人々と比べて性格や行動に極端な部分がある精神疾患をいいます。
厚生労働省のホームページには、パーソナリティ障害の定義は、「その人の属する文化から期待されるものより著しく偏った内的体験および行動の持続的パターンであり、ほかの精神障害に由来しないもの…」とされています。 (世界保健機構の精神疾患の診断基準(ICD-10)やアメリカ精神医学会の診断基準(DSM-IV-TR 2000)による)。
パーソナリティ障害にはいくつかのタイプがあり、アメリカ精神医学会の診断基準で10種、世界保健機構の診断基準で8種があげられています。アメリカ精神医学会の診断基準では大きく分けて、次の3つに分類されています。括弧内にそれぞれの特徴を記します。

パーソナリティ障害とは

パーソナリティ障害にはいくつかタイプが分けられており、
奇妙で風変わりなタイプ

●妄想性パーソナリティ障害 広範な不信感や猜疑心が特徴
●統合失調質パーソナリティ障害 非社交的で他者への関心が乏しいことが特徴
●統合失調型パーソナリティ障害 会話が風変わりで感情の幅が狭く、しばしば適切さを欠くことが特徴

感情的で移り気なタイプ

●境界性パーソナリティ障害 感情や対人関係の不安定さ、衝動行為が特徴
●自己愛性パーソナリティ障害 傲慢・尊大な態度を見せ自己評価に強くこだわるのが特徴
●反[非]社会性パーソナリティ障害 反社会的で衝動的、向こうみずの行動が特徴
●演技性パーソナリティ障害 他者の注目を集める派手な外見や演技的行動が特徴

不安で内向的であることが特徴

●依存性パーソナリティ障害 他者への過度の依存、孤独に耐えられないことが特徴
●強迫性パーソナリティ障害 融通性がなく、一定の秩序を保つことへの固執(こだわり)が特徴
●回避性[不安性]パーソナリティ障害 自己にまつわる不安や緊張が生じやすいことが特徴

これらのパーソナリティ障害の共通の特徴としては、発達期から(遅くとも思春期から成人期早期から)その徴候が認められること、認知、感情、衝動コントロール、対人関係といったパーソナリティ機能の広い領域に障害が及んでいること、その徴候が家庭や職場など広い場面で見受けられるなどを挙げることができます。

引用:『厚生労働省 みんなのメンタルヘルス パーソナリティー障害』より

うつ病(鬱病)など他の精神疾患を併発することがある

人には様々な性格があります。
用心深く慎重、精力的で熱心、まじめで冷静など性格を表す言葉はたくさんあり、1人の人間には様々な性格が存在しています。
【パーソナリティ障害=性格が悪い】ということではありません。
1人の中に存在する様々な性格の中で周囲の人々と比べて一部に極端な偏りがあることで、周りを困らせてしまったり、自分が苦しんだりしてしまい、社会適応が難しくなる場合があります。
また、もともとの性格とは別に、失敗などによる挫折や精神的に大きなショックが原因でこれまでとは違った性格や行動が表れることで問題になることもあります。
こうした悩みからストレスが生じうつ病(鬱病)など他の精神疾患を併発してしまい、当院に来院される患者さまがいらっしゃいます。