生理前のつらい症状でお悩みの方へ

生理前のつらい症状でお悩みの方へ

生理前のつらい症状に悩まされていませんか?

  • 生理前になると、気分が落ち込み、抗うつ剤を服用しているが改善しない
  • 生理前になると、イライラして人についあたって、その後激しい自己嫌悪に陥る
  • 一般的な婦人科の治療を受けても、症状が改善されない
  • 低用量ピルやホルモン剤などの薬はあまり服用したくない
  • 低用量ピルやホルモン剤を飲むと、副作用がありつらい
  • 自分に適切な治療が何か知りたい
  • 自分の症状に合わせた治療を受けたい

月経(生理)が始まる3日~10日ぐらい前から決まって起こるさまざまな症状をまとめて、「月経前症候群(PMS:premenstrual syndrome。月経前緊張症)」と言います。
症状は落ち込み、イライラ、不安感、腹部膨満感、便秘、頭痛、乳房の痛み、むくみ、食欲不振(あるいは過食)など多様で、月経が始まると自然に治まったり、軽くなったりするのが特徴です。
個人差はありますが、月経のある女性の多くがPMS(月経前症候群)を経験し、そのうち毎月、同じように症状が現れる人は3~8割と言われています。

PMS(月経前症候群)の症状

体に現れる症状
  • 顔や体がむくむ
  • 乳房が痛む・乳房が張る
  • 肌荒れ・ニキビができる
  • 頭痛・頭が重い
  • 首や肩がこる
  • 下腹部痛・吐き気がある
  • 腰痛がある
  • 下痢や便秘になる
  • だるい・疲れが取れない
  • 眠い/眠れない
心に現れる症状
  • イライラする
  • 気力がなくなる
  • 落ち込みやすくなる
  • 涙もろくなる
  • 不安になる
  • 孤独感を感じる
  • 緊張する
  • 悲観的に考える
  • 女性でいるのがイヤだ
  • 人に会いたくない
行動に現れる症状
  • 集中力が無くなる
  • 衝動買いをする
  • やつあたりする
  • 無性に食べる/食べない
  • 性欲が増す/減る
  • 失敗が多くなる
  • 物忘れがひどい
  • 感情を抑制できない
  • 体を動かすのが面倒
  • 暴力をふるう

PMDD(月経前不快気分障害)とは

PMSの症状が現れる人のうち、数%の人は精神的症状が非常に強く出てしまうPMDD(月経前不快気分障害)と診断されることもあります。
強い精神的不安を呈し、暴力的な行動に出ることや、重度のうつ状態から自殺願望まで抱いてしまうことまであります。主に精神的な症状が強いPMS患者のことをPMDDと診断します。

DSM-Ⅳ(精神疾患の診断・統計マニュアル)やICD-10(死因や疾病の国際的な統計基準として世界保健機関(WHO) によって公表された分類・統計)では特定不能のうつ病性障害(気分障害)に分類されており、当院では治療対象疾患としております。

受診をご希望の方へ

予定や詳細はクリニックまでお問い合わせください。

● セカンドオピニオンのご相談も可能です。
● PMS・PMDDの症状や悩み・治療法など気になっていることをお気軽にご相談ください。

fms_img_02