家族やパートナーの理解
partner-h3
家族の対応
partner_img_25
家族やパートナーの理解
病気を受け入れてあげて下さい
病気についての正しい知識を学びましょう
 ポイント1 正しい治療の理解とは?
 ポイント2 治療の選択肢について
つらい気持ちを理解し受け入れましょう
意見は控えて、話をよく聞きましょう

病気を受け入れてあげて下さい

何もしないで横になり、弱音を吐いて沈んでいるのを見ると、「しっかりして」「気にし過ぎ」と言ってしまいがちで、理解されない苦しさから言い争いになることもあるでしょう。
気力が出ないのは、体が思うように動かないのも「うつ病」という病気がそうさせているのです。
「病気」を納得して受け入れることがまずは大切です。

病気についての正しい知識を学びましょう

うつ病が脳の病気であることはわかりましたが、何も出来ず落込みが激しかったのに夕方から元気になると、家族の心配は何だったのか、怠けてるだけだったのかも?と疑ってしまったり、家族はうつ病の変動に振り回されてしまいます。
これを「日内変動」と言います。

partner_img_30
ポイント1 正しい治療の理解とは
うつ病の治療と回復過程は、生活リズムを整えながら無理せずに日常生活を送るなかで、少しづつ回復していきます。
また、処方されたお薬は自己判断で服薬をやめると再発の危険がありますので、服薬することを家族やパートナーが支えてあげることも大切です。
partner_img_31治療の選択肢について
一般的な治療は、薬物療法、精神療法、休養の3つを組み合わせて治療を行います。また、薬物が使えない、効果が感じられない方には、アメリカで多くの症例がある磁気刺激治療、また、電気けいれん療法など頭皮に電極をつけて、電流を流す療法があります。

つらい気持ちを理解し受け入れましょう

本人は動きたいし、何かしたいのに気持ちがついていかなくて苦しんでいます。
今までできたことができない自分につらい思いをしています。
そのために気持ちが不安定でイライラして、身近な人に当たることがあるかもしれません。

家族は「つらいんだね」と受け止めてあげましょう

意見は控えて、話をよく聞きましょう

悲観的な話や消極的な態度に接していると思わず「そんな風に考えてはいけないよ」「人生、そんなに悪いことばかりじゃないよ」とアドバイスしたくなるでしょう?
しかし、それは効果的ではなく、本人を追い詰めてしまうことになります。
病気がそうさせているのですから、家族やパートナーは気にし過ぎないで、とりあえずよく聞いてあげることが大切です。
partner_img_32
様子を見て不調が続くようなら気持ちを伝えて、受診を勧めましょう。

家族やパートナーの気づきについて | 家族やパートナーの対応について

初診・光トポグラフィー検査のご案内

ご予約・お問い合わせはこちら

0120-772-248

光トポグラフィー検査予約

ネットからは受付時間外でもご予約いただけます。

ご予約日時はお申込み完了時に確定しますので手続きがスムーズです。

※再診の方はお電話にてお問い合わせ下さい

  • うつ相談
    当院の専門カウンセラーがしっかりと時間をお取りし、無料でカウンセリング致します。
  • 資料請求
    磁気刺激治療や新宿ストレスクリニックの詳しい資料を、無料で進呈致します。

プライバシーポリシーについてはこちら

磁気刺激治療関連書籍


  • 治す! うつ病、最新治療 ─薬づけからの脱却─
    リーダーズノート
    定価1,400円+税

  • NHKスペシャル ここまで来た! うつ病治療
    宝島社
    定価1,333円+税

  • うつ病は軽症のうちに治す!
    PHP研究所
    定価1,200円+税

  • 受験うつ どう克服し、合格をつかむか
    光文社新書
    定価760円+税

  • 受験に勝利した親子が実践したストレス克服法
    ブックマン社
    定価1,400円+税