新型うつ病

10-img-02

勘違いされやすい疾患

最近よく耳にするいわゆる「新型うつ病(鬱病)」。
仕事の時は気分が悪くなり、休みの時は元気に遊びに行く。
本人はうつ病(鬱病)と同じ症状が発症し苦しんでいるが、自分の好きなことをしているときは気分が悪くならないといったことから、周囲からはサボりを勘違いされやすい疾患です。
10-img-03

正確に理解されていないのが現状です

いわゆる新型うつ病(鬱病)は20~30代の若い世代に多く、マスコミなどで社会現象的に取り上げられているため一般の人に広く知られています。
しかしながら「新型うつ病(鬱病)」という名前だけが一人歩きして正確に理解されていないのが現状です。
世間一般では病名のように理解されているとは思いますが「新型うつ病(鬱病)」というのは病名ではありません。
「新型うつ病(鬱病)」は正確には「非定型うつ病(鬱病)」および「気分変調症」または「双極性2型障害」と分類されることが多い精神疾患です。

いわゆる新型うつ病(鬱病)の主だった特徴として

  • ・良いことがあると気持ちが高揚する
  • ・朝起きられない
  • ・倦怠感や疲労感を常に感じている
  • ・攻撃的になるなど激しく反応する傾向がある
  • ・過食することが多い
  • ・自己中心的な言動や行動が多い

若い世代でのうつ病(鬱病)治療は効果的な場合が多いので早めの治療を心がけるようにしてください。

「仮面うつ病(鬱病)」という呼び方について

文字の意味から仮面をかぶったうつ病(鬱病)という意味で新型うつ病(鬱病)とよく似た症状を想像しますが、実際「仮面うつ病(鬱病)」として定義されているのはうつ病(鬱病)によく現れる精神症状(抑うつ状態)よりも、身体症状(不眠、痛み等)を強く訴えるうつ病(鬱病)のことを指します。
身体症状が前面に出ているので同時に抱えている精神症状が表に出にくく、身体症状が仮面となってうつ病(鬱病)を隠している状態のことです。